国連英検A級は実用英検1級とほぼ同じレベル、あるいはそれより少し高いレベルで、上に述べたように、国際的な時事問題など、あるテーマについて論理的にまとまりのある内容を英文で表現する能力などが必要になります。


国連英検(国際連合公用語英語検定試験)とは、国際連合(the United Nations (略 UN))、国連の一貫した理念である国際理解と国際協力の普及活動のひとつとして、日本においては1981年に発足した英語能力検定試験です。財団法人日本国際連合協会(日本国連協会)が主催し、次第に普及してきています。
国連英検は国際連合が手がける世界情勢や時事問題に着目しているため、国連英検で扱うトピックスは世界平和、環境問題、科学、文化、はてはスポーツなど国際的な問題すべてに広範囲から用いられています。
国連英検を受験するために国際的な出来事を勉強することが国際連合の活動や役割を理解することにつながり、また国連英検受験のために新聞やニュースを通して国際連合の働きや世界に関心を持つ良いきっかけにもなります。
国連英検に求められる英語能力は基本的なリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングこれができるのはもちろんのこと、英語で自分自身の意見を述べたり、その場の状況をまとめて説明したりという能力も求められます。
国連英検について、どのような検定ランク、資格があり、どのような英語検定試験が行われるかについて具体的に見てみましょう。国連英検にはジュニアテストもありますが、この記事では省かせていただきます。
国連英検の英語レベルによる受験クラスわけが他と少し異なっているのは、6クラスの分類のうち、最上位の特Aクラスだけはかなり国連の意思が吹き込まれていることで、英語能力以外の様々な能力を要求されるところですが、その傾向は他の5クラスの国連英検テストにも少しだけあります。
国連英検の中で中学生レベルの英語の総合力を要求するのがE級です。D級が高校2年生レベルでC級は高卒、大学受験レベルになります。ここまでだと比較的楽に受験できます。

国連英検の最後の二つは、ここだけは専門のスクールもあるぐらい、英検といっても特殊なものになります。英字新聞やニュースを見て理解して、それをまとめるためにはどうしたらいいか自分の頭で考える力、国際的な常識やマナーも要求されます。
国連英検A級は高い英語理解能力も要求されますが、英語で議論したりまとめたりする能力が必要です。国連英検A級では外国人と日常の身辺の出来事、時事問題などに関して、個人的に、また小グループで討議できる英会話力も必要になってきます。
国連英検特A級になると、もう、日本での英検では最高レベルでしょうね。普通に難しい英検1級レベルの英語能力にプラスして特A級には国際人の素養が要求されます。特A級では、具体的には、さまざまな国籍の外国人と文化、経済、政治等の多くの分野の問題について、英語で自由に討論できる能力があること、および常識、マナー、判断力などの点で真に国際人と呼ぶに相応しい水準に達していることが特A級の審査基準です。
国連英検についての一連の説明は理解していただけましたでしょうか?このように国連英検資格をとることにはいろいろとメリットがあります。具体駅にお得な話としては、大学の推薦入試や編入試験では、国連英検を出願資格の一部として認めている、あるいは高く評価している大学が多数あります。また、就職の調査書などでもなどでC級以上は有利に評価されますし、大検においてもC級を英語資格として認定しています

★⇒国連英検に関する書籍なら楽天で・・・コチラです。★


日帰り温泉を楽しもう!!

美白になるには・・・

運気を上げるための風水

国連英検は財団法人日本英語検定協会の行う英検ほど有名ではありませんが、その権威はなかなか高いもので、国連英検が1981年にスタートしたばかりの割には受験や就職の際の貴重な資格として認められています。


国連英検は財団法人日本英語検定協会の行う英検ほど有名ではありませんが、その権威はなかなか高いもので、国連英検が1981年にスタートしたばかりの割には受験や就職の際の貴重な資格として認められています。
国連英検を日本で展開することで国連がめざしているのは、国際理解と国際協力の理念を理解して実践する日本人の養成ですから、国連英検では当然ながら国連が手がけている国際問題に関するリアルな話題が勢い多くなります。
国連英検を日本で受験するためには、何かとハンディがついてまわります。日本人は国際問題に関心がなさ過ぎますから。海外の英語のブログやニュースサイト、英字新聞などに目を通す努力は必要です。でも、国際問題を理解するために日本語の新聞の国際面も読むことは、自然と教養を深めてくれます。・・・それはまさしく国連の思うつぼですけどね。(笑)
国連英検は英語検定ですから当然ながら英語力は最優先で判定されます。リスニング、スピーキング、ライティング、リーディング、これらをきちんと使いこなせることが必要です。それにくわえて、日本人の苦手な自己表現能力も求められます。
国連英検はなんだか敷居が高そうですね。国連英検は誰でも受験できるのでしょうか?国連英検は難しくないのでしょうか?国連英検は何種類ぐらいのクラスがあるのでしょうか?少し説明させていただきます。ジュニアテストは除いて大人の分について簡単に説明しますね。
国連英検も日本英語検定協会の分類のように英語のでき、というか国連英検テストの難易度別に検定試験を設定しています。国連英検では簡単なE級から、難易度のかなり高い特A級まで6段階に分けられています。
国連英検の最初のE級は中学生の英語ができていれば合格です。実際問題、中学レベルの英会話ができれば旅行や短期滞在は問題ありませんよね。その上のD級からC級へとあがると、高校2年生レベルと大学受験レベルといわれます。国連英検C級までは大学受験したことがあればスムースに受けられるでしょう。
おそらく国連の望む国際連合を理解できて協力できるような国際人としての国連英検レベルは国連英検B級、日常生活や会話が問題なくできるレベル以上ということでしょう。国連ではない、有名なほうの英検で言えば準1級ぐらいでしょうか?国連英検B級は大学によっては英語の履修単位で認めてくれるところもあります。

国連英検A級は当然ながら高い英語能力も要求されますが、国連の望むように、上で書いたように、国際問題を英語で議論したりまとめたりする広い視野と解決能力が必要です。国連英検A級では外国人と日常の身辺の出来事、時事問題などに関して、個人的に、また小グループで討議できる英会話力も必要になってきます。
国連英検A級を超える国連英検特A級になると、ちょっとやそっとの英語能力では通りません。というか、要求されるレベルはほとんど国際公務員や外交官補佐がやっているような内容についての討論だったりしますので、国際的な教養やマナーも含めてかなり高いレベルであることの認定証のようなものです。一目置かれる存在です。
国連英検の上位クラスのシビアさが少しだけお分かりいただけたかと思います。きびしい国連英検のA級合格のためのスクールは少ないながら存在しますのでウェブで探してみてくださいませ。国連英検特A級になるともはやスクールでというよりは、そうですね、その人の国際人としての教養が問われるのでしょう。どうせ一度の人生ですから、ハイレベルな国連英検資格国連英検特A級を目指して勉強するのも自分磨きのためにはよいことだと思います。

★⇒国連英検に関する書籍なら楽天で・・・コチラです。★


お気に入りのボヘミアンファッション

中学受験のメリット

中性脂肪が気になる人へ・・・

国連英検資格の特A級、あるいはA級をとるのはここにあげたように至難の業ですが、国際人として今後活躍したいと思うのであればB級までは取れるようになっていることをお勧めします。


国連英検とは、国際連合(the United Nations (略 UN))が実施している英語能力検定試験です。日本においては財団法人日本国際連合協会の主催で、国連の理念である国際理解と国際協力の普及活動として1981年の設立以来、地道に活動し、認知度も上がり、次第に受験者も増ええ来ました。
国連英検は現実に国際連合が直面している世界情勢や時事問題に着目しているため(たとえば北朝鮮核査察問題など)、国連英検で扱うトピックスは世界平和、環境問題、科学、文化、日本のアニメやアキバ文化の海賊版問題(−_−;)など国際的な問題すべてに広範囲から用いられています。
国連英検を受けるために国際問題や時事紛争、宗教問題や民族運動などを勉強することはあなたにとって教養を深める大変よい機会です。
国連英検に求められる英語能力は国連英検とは言っても英語検定試験なのですから、日本英語検定協会のそれと基本的には同じなのです。国連英検ではしかしながら、さらに要求されるのがその場の問題の状況判断や、社会的常識に従った英会話や英作文能力、そして何より自分の考えを英語で理論手金のベルという能力が求められます。
国連英検には英語能力や知識に応じて様々な検定ランクがあります。子供向けの国連英検ジュニアテストもあるので、それぞれ自分の年来や能力を考えて受験しましょう。
国連英検も日本英語検定協会の分類のように難易度別に検定試験を設定しています。簡単なE級から、難易度のかなり高い特A級まで6段階に分けられています。
国連英検の最初のE級は中学生レベルの英語が要求されます。高校受験の英語の勉強が普通にできていれば合格です。国連英検資格に限らず実際問題、中学レベルの英会話ができれば旅行や短期滞在は問題ありませんよね。その上のD級からC級へとあがると、高校2年生レベルと大学受験レベルといわれます。国連英検C級までは大学受験したことがあればスムースに受けられるでしょう。
国連英検の簡単な段階のEDC級はちょっとサービス的なところがあります。国連英検では、次の段階のB級というのが一般の方が目指すべきレベルだと思います。日本の企業の中にはこの検定合格を認めているところもあるぐらいで、英語で日常生活の諸問題を解決できるレベルということです。大学生が英語を履修したレベルですね。国連側としても国際紛争までは解決しなくていいということみたいです、B級資格を上げるのなら(笑)。
国連英検のトップ二つのクラスは、B級以下とは少々求められる能力が異なります。国際連合は国際紛争や国際問題を解決して人類の平和な繁栄を願う国際機関ですが、その国連で働けるレベルの英語能力と国際的能力を身につけた人を認定するのがこの上位二つの国連英検資格だと思ってください。
「アソシエート・エキスパート」というのは、国際公務員の志願者のための研修制度です。国連英検A級はその「アソシエート・エキスパート」の選考時に外務省が語学能力を審査するための試験 として用いています。つまり、国連などの国際職員及び、外国の会社、国際的活動に従事するNGOで働く人を養成するための即採用できる英語能力お墨付きの試験でもあります。
さて、いよいよ最終段階です。国連英検の最高峰である特A級ですが、特A級検定試験になると、簡単には通りません。英語の先生でもざくざく落ちます(笑)。国連英検特A級では、種々の状況に対応できる英語力ばかりでなく、国際連合の理想に掲げる、国際的に通用する知識・情報さらには国際人としての教養やマナーなども要求される点に特徴があります。  
国連英検試験には様々なランクがあることがわかってもらえたと思います。一般的なことで言えば、大学受験には国連英検C級、外国出張や滞在もありうる企業に勤めたいなら最低でも国連英検B級まではとっておけば何かと便利だと思います。

★⇒国連英検に関する書籍なら楽天で・・・コチラです。★


お洒落なカゴバッグ

フラダンスの魅力 フラ教室

人気の高いベビーカー

国連英検について、難しそうな印象があるかもしれませんが、実はレベルに応じていろんなクラスがあるのです。


国連英検とは、国際連合(the United Nations (略 UN))が実施している英語能力検定試験です。日本においては財団法人日本国際連合協会の主催で、国連の理念である国際理解と国際協力の普及活動として1981年の設立以来、地道に活動し、認知度も上がり、次第に受験者も増ええ来ました。
国連英検は国際連合が手がける世界情勢や時事問題に着目しているため、国連英検で扱うトピックスは世界平和、環境問題、科学、文化、はてはスポーツなど国際的な問題すべてに広範囲から用いられています。
国連英検で試験の話題対象となっているような内容はつまり、新聞の国際面になるわけです。国連英検のために英字新聞まで取らなくてもいいのですけど、日本語新聞の国際面は毎日目を通しましょう。新聞といえばテレビ欄とスポーツ面と社会面しか読まないあなたにとって(失礼)、国連英検を受験するのはあなた自身をレベルアップするよいチャンスです。
国連英検に求められる英語能力は国連英検とは言っても英語検定試験なのですから、日本英語検定協会のそれと基本的には同じなのです。国連英検ではしかしながら、さらに要求されるのがその場の問題の状況判断や、社会的常識に従った英会話や英作文能力、そして何より自分の考えを英語で理論手金のベルという能力が求められます。
国連英検には英語能力や知識に応じて様々な検定ランクがあります。子供向けの国連英検ジュニアテストもあるので、それぞれ自分の年来や能力を考えて受験しましょう。
国連英検では基本的には他の英語検定試験と同様に「英語能力に応じた」クラス分けがなされています。一番難しい特A級から一番簡単なE級まで、6クラスの分類となります。
国連英検の中で最初のステップ、中学生レベルの英語の総合力を要求するのが国連英検E級です。国連英検の第2段階のD級が高校2年生レベルで、その上の国連英検C級は高卒、大学受験レベルになります。ここまでだと比較的楽に受験できます。
国連英検の資格の中で、国連や国際活動に従事する目的ではない人が教養として身につけたいレベルであれば国連英検B級でしょう。国連英検主催者側も一般の方に希望する英会話能力レベルはB級までだと思います。
国連英検の上位二つに関しては他の英語検定試験とは趣が少し異なります。あくまでも国際連合の目的に従った英語能力検定ですから、国際的な知識や理解力、それらを踏まえて議論できる英会話力といった日本人にはつらい能力を要求されます。
国連英検A級は外務省による英語能力検定にも用いられているのをご存知ですか。国連英検A級は具体的には、国際公務員の志願者のための外務省監修の研修制度「アソシエート・エキスパート」の選考時の英語の語学能力の審査のための公式の試験になっているのです。つまり国連英検A級は外務省キャリアの必須条件なのですね。
国連英検A級でもずいぶん敷居が高くなってきましたが、それを超える国連英検特A級になると、かなり難しくて、専門学校もあるほどです。こればかりはちょっとやそっとの英語能力では通りません。というか、特A級に要求されるレベルはもはやほとんど国際公務員や外交官補佐がやっているような内容についての討論ができること(解決できるかどうかはともかく)だったりしますので、国際的な教養やマナーも含めてかなり高いレベルであることの認定証のようなものです。一目置かれる存在です。
国連英検のA級合格のためのスクールは少ないながら存在します。特A級になるとスクールでというよりはその人の教養が問われるのでしょうけれども、そういうハイレベルな国連英検資格を目指して勉強するのも自分磨きのためにはよいことだと思います。

★⇒国連英検に関する書籍なら楽天で・・・コチラです。★


渡部紘士が教る!驚異のダーツ上達法

集中力をつける「悪魔のコミュニケーション術」

誰でも出来る!正しい最速英語マスター法

国連英検で一番簡単なE級は敷居が低いので、ふつうに高校生活を送れた人なら誰でも合格できます。中学生レベルの英語力があれば合格できます。


国連英検という英語能力検定試験の受験者が今じわじわ増えています。国連英検は国際連合がその理念に基づいて国際人を増やすために1981年から始めたサービスです。
国連英検は国際連合が後押ししての英語検定ですから、国際連合が向かい合っている国際協力と世界の平和、世界からの貧困や政治的、宗教的対立からの弱者の救済といった話題を扱うことが多くなります。
国連英検を受験するためには国連英検の問題で出てきそうな国際問題、国際紛争について政治、経済からスポーツに至るまで幅広く知識を増やしておくことが大切です。国連の仕事について知るためにはその対峙している国際問題も英語で取り扱うことになるので勢い、国際問題への理解が深まることになりますね。
国連英検に求められる英語能力は国連英検とは言っても英語検定試験なのですから、日本英語検定協会のそれと基本的には同じなのです。国連英検ではしかしながら、さらに要求されるのがその場の問題の状況判断や、社会的常識に従った英会話や英作文能力、そして何より自分の考えを英語で理論手金のベルという能力が求められます。
国連英検には英語能力や知識に応じて様々な検定ランクがあります。子供向けの国連英検ジュニアテストもあるので、それぞれ自分の年来や能力を考えて受験しましょう。
国連英検も日本英語検定協会の分類のように難易度別に検定試験を設定しています。簡単なE級から、難易度のかなり高い特A級まで6段階に分けられています。
国連英検で一番簡単なE級は中学生レベルの英語力があれば合格できますし、高校以上のレベルの内容には日本語解説が付きます。同じ感じでD級が国連英検高校2年生レベル、国連英検C級が大学受験レベルということです。
国連英検の次の段階のB級というのが一般の方が目指すべきレベルだと思います。企業の中にはこの検定合格を認めているところもあるぐらいで、英語で日常生活の諸問題を解決できるレベルということです。国際紛争までは解決しなくていいみたいです、B級なら。
国連英検といえばやはり特A級とA級の二つが国連英検を国連英検たらしめている、権威付けている検定資格だと思います。この二つのクラスに要求されるのは国際的な所持に関する知識もさることながら、国際的な教養やマナーも求められるのです。
国連英検A級は上に述べたように、国際的な時事問題など、あるテーマについて論理的にまとまりのある内容を英文で表現する能力などが必要になります。英語能力自体も実用英検1級とほぼ同じレベル、あるいはそれより少し高いレベルで、これに通るには英字新聞などを普段から当たり前のように読んでいる必要があります。
さて、いよいよ最終段階です。国連英検の最高峰である特A級ですが、特A級検定試験になると、簡単には通りません。英語の先生でもざくざく落ちます(笑)。国連英検特A級では、種々の状況に対応できる英語力ばかりでなく、国際連合の理想に掲げる、国際的に通用する知識・情報さらには国際人としての教養やマナーなども要求される点に特徴があります。  
国連英検のA級合格のためのスクールは少ないながら存在します。特A級になるとスクールでというよりはその人の教養が問われるのでしょうけれども、そういうハイレベルな国連英検資格を目指して勉強するのも自分磨きのためにはよいことだと思います。

★⇒国連英検に関する書籍なら楽天で・・・コチラです。★


ワンタンが伝授するダーツ上達の秘訣

無料の航空券を入手する方法とは・・・?

剣名舞さんの作家のプロデビュー講座
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。